マツエクをしている方はオイルクレンジングを使わないほうが良い

オイルクレンジングは肌に悪いと思われがちですが、メイクとのなじみがよくしっかり落とせるメリットがあります。その理由は純度の高い鉱物油を使っているからです。しかもニキビ肌の人は植物性のオイルはアクネ菌の餌になる場合などもあるので、よく考えて使う必要があるのです。正しい知識を持ってクレンジングをすれば、オイルクレンジング唯一のメリットを得ることができます。 メイク汚れは水とのなじみが悪いので、石けんやジェルタイプのクレンジング剤では落とし切れないことがあります。残った汚れは酸化して肌に刺激を与えたり、毛穴つまりを起こしてニキビや黒ずみ毛穴などのトラブルを招きます。オイルクレンジングには界面活性剤が他のタイプのクレンジング剤に比べて多く含まれています。しかし洗浄力の強いオイルクレンジングはマツエクとの相性が悪いことで知られています。ですが具体的にはグルーは水との相性が悪いので、クレンジングはそんなに関係がないと言われていますよ。水と油はなじみが悪いので、界面活性剤を使用してなじみをよくしています。界面活性剤はメイク汚れだけでなく、必要な潤いまで落としてしまうため、クレンジング後に乾燥がひどくなったり肌荒れの原因となることがあります。それでもクレンジングに界面活性剤は必要不可欠なものなので、うまく扱うことが大切です。

マツエクをしているなら石油系界面活性剤が無添加クレンジングを使おう

マツエクはオイルにセンシティブなということから、クレンジングはオイルフリーの商品を選ばないといけません。クリームタイプのクレンジングなどもオイルが入ってる可能性が考えられるのでじっくりとチョイスするのがポイント。例えジェルタイプのものであっても、まつエクにダメージを蓄積してしまうものが含まれている可能性はあるので、コットンなどの手段を用いて最初に目元だけ落としたほうが耐久性に優れていることが分かっています。オイルフリーという言葉は、ニュースに於いても、気軽に扱われていますので、軽い気持ちでイメージされている人も多いんじゃないでしょうか?気になるオイルフリーの真の意味ですが、その名のとおり油分が一切入っていないと、いうことを表しています。オイルフリー以外にも、アルコール無添加や添加物フリーなどというようなうたい文句も、たびたび目にする広告です。その際の「フリー」も同一の意味合いで活用されています。それに加えて商標名や製造業者が変われば、ノンオイルなんて思われる呼び方を実施されていることもあり得ますが、何と言いましても、油性の成分(動物性、植物性の石油系界面活性剤など)は全く使用していないということを指します。反対に、美容品であれば、揮発性のシリコンオイルが少しばかり扱われている可能性が高いです。化粧品の感触(触り心地や感覚)をサラサラとさせて滑りを良くする為のものであり、合成オイルの一種になります。また分子構造も大きいため、皮ふ深部に浸透することはありません。そのため、通常の油性の成分とは違う扱いとされています。シリコンオイル混入とアナウンスされていても、オイルフリーと表されているので、どちらかわかりにくい時は、従業員等に価値を判断してもらうことを意識しましょう。

マツエクにおすすめなクレンジングはマナラ

追記:2015年7月15日に株式会社ランクアップが発行しているマナラ倶楽部の8月号において、マナラホットクレンジングゲルが公式でマツエクに使えることが判明いたしました。最近のマツエククレンジングといえばマナラでしょう。公式で公言されているわけではありませんが、マツエクをつけていても全く問題がないという方が沢山いたので、私も使ってみましたが普通に大丈夫でした。それからは別に剥がれてもいいかという安易な気持ちで色々なクレンジングを試しましたが全く問題ありません。1ヶ月に1度のリペアは欠かさずしてますが、寿命が短くなった感覚も、施術してもらう方にもなにも言われないのでマナラホットクレンジングゲルを普通に使ってます。というのも、マツエクに使えると言われているクレンジングの内容成分を見て、どういうものが使えるかはっきりとわかったからです。知識というのは非常に大切なのかもしれませんね。

マツエク対応クレンジングをサロンで買うか、ウェブ上で購入するか

従来より単純明快で手間が掛からないのは、マツエクを施術したサロンで購入することです。マツエクの事を完璧に熟知しているアイリストおススメの商品なので、最高レベルの効果が発揮されるでしょう。しかしながら、程度の差はあれど金額が高い傾向が見受けられます。特筆すべきはマツエクサロンによっては、一般常識とは変わっている別売品や美容品などのセット販売などを強制的にされることも否定できません。なのであなた自身においても、マツエクに対して確固たる知識身に付けておくことをおすすめします。忘れないでほしいのは多くの人が成功した方法は、ウェブ上でまつげエクステンションに対応した商品を購入することです。これが最先端で一番良い方法です。さっそく、サロンでの購入ではなくあなた自身でマツエクに使えるクレンジングをチョイスする場合の必須条件をご教授しましょう。近年ではクレンジング剤の種別も数多くあって、薬局などにおいても、多彩なクレンジングが集結していますね。けれどもオイルフリーの意味が理解できれば、探し当てるという事はあり得ないほど楽チンなことなのかもしれません。最初のうちはボトルの裏手に記載されている情報などから、オイルフリーであるという事をチェックします。重要なことはお試し品に出会えたら、必ず手の甲を使って手触りを確かめてみましょう。どれだけスピーディーにメイク汚れを落とせて、またストレスを感じにくい力加減でも問題なくクレンジングとして機能するか?と意識することが特に重要なポイントです。極力、インターネット上等の化粧品バイラルホームページ等の風評に基づいた情報を参考にしたり、従業員に直接尋ねてみるのも良いと言えそうですね。ではありますが、マツエク完全初心者様に於きましては、サロンでの購入が安心できると思います。マツエクの施術を受けたその日のうちに間髪いれず使用できますし、皮膚やまつ毛の状態を確認してもらえますし、そのうえで最適なクレンジングを選んでもらうことができます。それから、センシティブスキンの人やアレルギーのある人も同じようにプロに見てもらうのが良いでしょう。おすすめはこちらのサイトから購入することです。マツエク クレンジング

TOPへ